2015年02月05日

何故サイトの順位が上がらないのか?

SEOは中身が重要です。

しかし、昨今ではやはり被リンクと言われています。

今、あえて外部リンクの重要性を語ります。


まず、このブログもいくらかの意味のあるページコンテンツを用意出来ているはずです。

内部リンクは上手く組めてはいませんが、十分にトップレベルドメインに力は集まってきています。

しかし、順位は上がりません。

要するに。いくら内部を強化しても、ジャンルや規模にもよりますが、順位は上がらないと分かります。

ここではキーワード出現率もそれなりに意識しての対策ですが、効果は薄いかもしれません。

要するに、内部が100満点であろうとも、外部の力がなければ検索順位は上がらないと考えてしまって良いでしょう。

さらに、逆のパターンが重要で、内部がズタボロであれば、いくら100点満点の外部対策があろうとも意味はありません。

ウェブサイトでは、内部対策と外部対策では、前者の方が重要です。

なぜならば、良いサイトは自然とリンクが集まって然るべきという考えが成立するからです。

つまり、中身のないサイトの場合、いくら外部対策を強化しても効果は薄いのです。

これらを深く考えると、サイトの状態次第では、外部対策がマッチさえしてしまえば効果は絶大なのです。

逆の場合はサイトはそれなりに評価をされますが、サイト順位面の評価や成長性については劣ってしまいます。

内部対策はそこそこに良いものであり、外部対策を完璧にしてこそ、初めて効果が出るのです。

外部対策は様々な考えを自然と生んでくれるでしょう。

考えを整えて考慮してみてはいかがでしょうか。

ベニスアップデートやモバイルフレンドリーといったGoogleアルゴリズムに対応するには、まずは内部対策です。

その効果をさらに何倍にも加速させるものが外部対策と言えるのではないでしょうか。

ウェブサイトを完璧に作り上げることこそが重要です、





posted by 妄想SEOブログ at 23:59 | Comment(0)

2015年02月04日

SEOでリアルな評価されるオリジナルの文章とは?

皆さんは、SEOを意識した文章を作っている時に、どのような文章を書くでしょうか?

オリジナルということを重視する人が多いのではないでしょうか?

まず、『オリジナル』という考えを捨てましょう。しかし、コピーコンテンツではいけません。

そもそも、世の中にある文章は類似文が既にあるものです。

違いは、文章の構成や言葉の組み方の部分になるでしょう。

つまり、文章に使用している単語などは殆どが共通なものになります。

驚くことに、ウェブページのキーワード含有率を比べると同じ違いはあまり感じられないのです。

しかし、コピーコンテンツにはなりません。何故か?

文字の組み替えなどではありません。

如何に細かな部分で関連性のある単語を含ませているのかが重要です。結果、文言や文章の評価が変わっているのです。

共通点があるからこそ、クオリティーを高くしなければならないのです。

では、例をあげましょう。

1
成果報酬プランは高い。

2
成果報酬プランは固定プランより高い。

3
成果報酬プランは、SEO会社の元手がないので固定プランより高い。

4
成果報酬プランは、SEO会社の元手が無いため、元手を回収する分の料金が加味される為、固定プランより高い。

5
成果報酬プランは、SEO会社の外部対策にはサテライトサイトがなければビジネスが成立しない。そのサテライトサイトはリソースと呼ばれ、SEO会社の体力的な意味合いが強い。その外部対策を行うためにはサテライトサイトを運用する為の資金がなければ対策自体ができない。しかし、対策費は成果報酬である為、課金が発生しないと回収はできない。それを見越して、高い料金となっている。そもそも、対策自体を推し進めたいのであれば、確実性のある固定費用プランが一番オススメだ。

このように、文章一つを考えてみても伝わる意味合いが変わってくる。

検索エンジンにテーマを適切に伝え、関連の用語を盛り込むことが重要です。

詳しく書くだけでなく、より世の中に出てこないような事実を書くことで自然と信憑性のある文章であると、検索エンジンは見抜けます。

妄想のような文章は必ずと言っていいほど必要性の高い単語が抜けてしまいます。

これがリアリティーを欠如させるのです。

当たり前に、詳しく書く。

これがリアルな関連性を含む文章となります。





posted by 妄想SEOブログ at 22:51 | Comment(0)

2015年01月31日

SEO対策に迷走せずに今見直すべきコンテンツ

ベニスアップデートが来てからというもの、
SEO業界は迷走しているように感じます。

特に顕著なことは、情報サイトやブログに新しいアップデートの詳細や対策が語られないところにあるだろう。

Googleもアルゴリズムの適用と適用の取り消しなどの微調整を継続して行っている様子

この為か有効な対策は判断が難しい状況です。

昨年11月末からの変化は以下のようなものになるでしょう。

『コンテンツ内容の薄いサイトの評価減』
『被リンク評価の変化』(マッチング)
『発リンクの評価』
『コンテンツ内容の厚みの評価』
『他サイトとの関連性と親和性』
『スマホサイトの対応と評価』
『スマホサイトの評価変化』
『サテライトサイトの質と関連性』
『対象となる地域情報の有無』
『地域外となる地域情報の有無』

これらの様な順位決定要因を的確に処理していけば2015年の2月時点でのSEO対策としては問題がないでしょう。

日々ウェブマスターツールを見てサーチクオリティチームの動向を判断するなり、アメリカ圏のSEOブログを見たりして判断することが適切でしょう。

もちろん、言うまでもありませんが基本的なSEO対策は必要です。

日本でもSEO関連の情報をブログで公開しているウェブサイトは沢山あります。

様々な情報を集め的確なアルゴリズムの分析が必要になってくるでしょう。

その上で、ベニスアップデートの対策を考えることが急務になってくるかもしれません。


posted by 妄想SEOブログ at 12:43 | Comment(0)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。