2014年10月31日

順位を上げられない理屈を考えよう

世の中には2種類の人間がいます。

「順位を上げられる人間」
「順位を上げられない人間」

この2種類です。

順位を上げられない人間は、上げることを考えていないわけではないです。

上げられない理屈が理解出来ていないのです。

順位を上げるやり方や方法は、個人によって考え方が違うでしょう。

しかし、その方法を実践したり続けたりすることに、どんな意味があるのかを考えてはいないでしょう。

ですので、結果が良かったり悪化したりすることにも対応は出来ないはずです。

つまり、順位が上がらなくなった場合に、なぜ上がらなくなったのかという答えに至らないのです。

何がダメだったのか、ダメになったのか。

「この方法は、こういう理屈があるから上がる」
「続ける意味がある」
「ここが評価される。ここが評価されない。」

そういった考えや理屈があって始めて、SEOの外部施策はするべきなのです。

そうでなければ、「被リンクを張ること=順位が上がる」という考えになってしまいます。

これは仕事ではなく作業です。

しっかりとした考えを持つことが出来るのであれば、

キーワード情報が充実した順位評価の高いマッチング効果の期待できるサイトから特に指定もない単純リンク等を張ることにより、対象のサイトページは内部のキーワード情報を照らし合わせることで、特定の検索に対して重要コンテンツと判断できる値を返すことが出来る為に、検索順位向上を促すことが出来る。

といった考えを自然と導き出すことができ、ハズなのです。これが当たり前でなければなりません。


もしも、しっかりとした考えがなければ、あなたのしている行為は逆効果気もしれません。

それは、何を生むことになるのでしょうか?

何かの損失でしょうか?
順位でしょうか?

自信がなく分からないのであれば、何もしない方が無難かもしれません。

SEOは簡単ではない、ということだけは確かです。








posted by 妄想SEOブログ at 00:40 | Comment(0)

2014年10月30日

ページの質を高めよう

検索順位を上げたいのならば、基本はページの「質」を高めることが大切です。

制作したページにオリジナリティや「オーサリティ•情報力」があれば、
ページは非常に良い順位評価を受けます。

この場合、サイト自体に多くのページは必要がない場合があります。

少ないページ数であっても大規模なサイト以上の力を得ることができる場合があるからです。

ここを極端に追求すると、1ページだけのサイトでも、上位化を果たすことは容易です。

本来は、サイト全体の規模を大きくしつつ多くのページで情報力をサイト全体に持たせることが無難ですが、

SEOに集中することができれば、少ない規模•ページ数でも上位化は可能なのです。

今一度、以前のページを修正し、SEOの力を高めることも非常に有効でしょう。

サイトの情報力を高めることが非常に重要で有効なのです。


ページの質を高める為には、いくつかの要素が関係しています。

・ページ内の文字量
・ページ内に含まれるキーワードの出現数
・ページ自体の記述や作り方
・サイト内他ページとの関係性や構成

おそらく多くの方が意識をしていないはずです。

もちろん、それなりに文章をガッツリと書き込んだページを作っていれば十分です。

しかし、そこにはどの様な情報があるのか分かり易くなければいけませんん。

注目をさせたいものごとを、しっかりと伝えなければいけません。

もしも、対策をしたい内容が書かれていなければ、作りが完璧に近いサイトでも0点です。


ページの質とは何か?情報とは何か? ということを理解し理屈をしっかりと持ちましょう。
タグ:SEO
posted by 妄想SEOブログ at 23:37 | Comment(0)

基本はホワイトハット

ホームページでSEO対策を意識している方は、基本的に「ホワイトハット」を貫きましょう。

※「ホワイトハット」とは、Googleアルゴリズムの減点を受けないホームページ作りの考え方です。

ホワイトハットを意識してホームページを運用していれば基本的にサイトの順位は上がります。

理屈としては、減点をされるような極端な内容(コピーや引用ばかり等)
などのホームページを作らなければ、順位を落とすことはないからです。

何故ホワイトハットを意識したいかというと、
『安定した順位を維持したい為』『Googleアルゴリズムの悪影響を避ける為』です。

ホワイトハットさえしっかりしていれば、他のサイトが勝手に順位を落としてくれます。
結果、相対的に自分のサイトは順位を上げることになります。

多くのGoogleアルゴリズムのアップデートでは、より良い評価を得る変更は多くありません。
(実際に大幅に順位上昇評価を受けるケースは少ないです。)

逆に、悪い・ズルいSEO対策をしているサイト順位の下落を目的としたものがほとんどです。

これらの理由から、ホワイトハットをしっかりと意識した施策•対策をおこなっていれば、
相対的に自然と順位は向上していきます。

もしも、『最近順位が上がらないな』と考えている方がいるのならば、「待っていれば大丈夫」です。

面白いことに、順位が下がることがないばかりか、
上がる機会を得られるということを覚えておきましょう。


予断ですが、Googleのアルゴリズムは、基本的に良い評価は常に受けられます。

新たにページを作ったり、サイト構成を変えたりなど、影響はすぐに感じられます。

逆に、ダメな評価に関しては、あまり体感できないケースが多いでしょう。
(ページ追加や構成変更がマッチしなくても、悪いことをしようとしてる訳ではないので。)

あからさまにNGなアルゴリズムの隙のような対策は、アップデートで標的になります。

これらのことから、基本に忠実に無難なサイト運営をしていれば、そもそも順位は下がりません。

ホワイトハットはいいものです。
posted by 妄想SEOブログ at 20:03 | Comment(0)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。