2014年11月04日

下層ページが強いなら変えよう

Googleやyahooで検索をした場合、自分のサイトが出て来ても、下層ページが表示されることはないだろうか?

この状況は幾つかの原因が考えられる。

まず、サイトの内部リンクが上手く構成されているということが判断できるでしょう。

その上で、SEO的には該当の下層ページが最も強いという条件が当てはまってしまっている。

では、どうしたらこの状況を回避出来るのか?

本来であればSEOバランスをホームページ作成者は管理し判断できているはずです。

しかし、予想外の成功によりSEOの力がガッチリと組まれてしまっているのでしょう。

本来ならば素晴らしいが、好ましくはないです。

まず、該当する特定の下層ページの情報力が十分すぎるのです。

逆を考えると、トップページの力が弱くSEOの力も不十分だと言える。

ならば、答えは簡単です。

下層ページを弱くするか、トップページを強くすれば良い。

これらを実現する為には、同様の下層ページを作成して、検索に該当する下層ページの力が同ディレクトリページへ逃げる割合を強くすればいい。

また、追加ページからはしっかりとトップページやディレクトリページへのSEOの力もを返しておきたい。

すると、サイト全体のSEOの力は上がりつつ、検索に該当する下層ページの力を下げることが出来る。

これでも状況が変わらず下層ページが検索に該当する場合は、パワープレイしかない。

特定の検索に影響するキーワードフレーズを、該当下層ページから削るのだ。

これで直接的にSEOの力は制限出来る。

さらに確実にコントロール出来るのであれば、トップページにキーワードフレーズを追加しよう。

こうすることで、目立たせたいページと、目立たせたくないページの優劣を明確に出来る。


私も経験があるが、これらの状況ではサイト内ページの文言を自由に修正出来ることが求められる。出来るのであれば、今すぐにでも対処対策が可能です。

しかし、企業ページなどの場合は責任者の許可なくして変更はできない。

これにより、修正が出来ずにサイトの復帰を果たせないまま放置することになる場合が非常に多い。


ビジネスチャンスを活かしたいと考えるならば、サイト復帰は命題です。


もしも、下層ページが該当し続けるならばそのサイトは失敗と言えるくらい集客を望めません。死んだも同然です。

SEOとマーケティングを意識するならば、必ず対処しましょう。
タグ:妄想ネタ SEO
posted by 妄想SEOブログ at 01:49 | Comment(0)

2014年11月02日

サイトのタイトルが勝手に変わる

SEO対策の外部リンクには、アンカーテキストリンクというものがあります。

このアンカーテキストリンクは、テキストリンクとも呼ばれます。

テキストをハイパーリンクにするというだけです。

SEO対策としては基本中の基本ですよね。

外部リンク対策には、このアンカーテキストリンクを多用しますが、このテキストが影響を及ぼす場面は多いです。

例えば、タイトルが長すぎるサイトに簡略化したタイトルリンクを設置すると、リンク先サイトのタイトルが変化することがあります。

これは、キーワードリンクなどに多く見られます。

過度な対策により起こることが多いですが、タイトル変化によるクリエ漏れが発生する恐れがあります。

「SEO情報を比較するなら大丸1大丸1︎情報局」

などという名前のサイトがあるとします。

ここに、たくさんのアンカーテキストリンクを張る訳ですが、これを「SEO 大丸1大丸1︎情報局」と省略する形にします。

すると、検索結果上の表示がサイトの名前が、「SEO大丸1大丸1︎情報局」と変化することがあるわけです。

すると、他の単語(比較するならというフレーズ)が消えてしまう為、検索クリエを拾う機会がへルカもしれません。

おそらくは、内部的には認識されて処理されているものの、2次派生的な損失が出そうです。

なぜならば、タイトルに「比較」という言葉が本来あるにもかかわらず、変化後に確認をする人には、把握されない為です。

また、表示タイトルでリンクをもらう機会も多ければ、さらにフレーズ漏れを起こすケースも増えてしまいます。

この様な変化をする可能性がアンカーテキストリンクにはあります。

マッチングさせるにしても、正確にマッチングさせなければ、情報が減るというのは怖いことです。

少しだけ意識しておくと良いでしょう。



タグ:妄想ネタ
posted by 妄想SEOブログ at 18:18 | Comment(0)

必要な被リンク数

ホームページを運営している人でSEOを意識していれば、被リンクを考慮しない人はいないでしょう。

被リンクの働きは、二つです。

・サイト順位の上昇
・クロール頻度の上昇

被リンクの量が多ければ多いほどSEO上の効果は高くなります。

しかし、被リンクの量はページ数ではありません。

『どのくらいの数のドメインからの被リンクがあるか』が重要になります。

では、どの程度の数のドメインからの被リンクが必要なのでしょうか?

答えは、20ドメイン程度で十分であるといえます。

もちろん、多ければ多いほどその効果は比例します。

ある程度の数のドメインを得ることができれば、後はサイトの規模を大きくできれば問題ないでしょう。

また、被リンクの数を増やすだけではサイトの順位は上がりません。

SEOではサイトの規模(情報力的な意味)と被リンク数のバランスが大事になります。

ページ数もさることながら、サイトの内容が詳しく規模の大きいものが理想です。

如何に内容のあるサイトを作り上げることが出来るかが重要です。

そして、これは被リンク元サイトにも同様のことを言えることになります。

発リンクをするサイトがどれだけの情報力のあるサイトかでSEOの力も変わります。

これの条件さえ守れば、10ドメインもあればサイトは上位化するのです。

当たり前のことを意識して、SEO対策を施しましょう。
タグ:妄想ネタ SEO
posted by 妄想SEOブログ at 02:46 | Comment(0)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。