2014年11月04日

リンクサイトへの登録はダメ

リンク集サイトをご存知でしょうか?

あまり使う機会は少ないかと思われますが、
サイトの種類によっては非常に重要なウェブサイトです。

主に創作系サイトや個人趣味サイトなどのサイト向けで、
検索キーワードよりもジャンル中心のネットサーフィンからの訪問者を増やす際に有効です。

つまりカテゴリー別けでウェブサイトを紹介するポータルサイトです。

バナー表示などのイラストから訪問者数を伸ばしたりしたい時はこれらのサイトが活躍するでしょう。

しかし、これらのサイトリンク集サイトは非常に危険です。

何故ならば、SEO的にはペナルティを受ける可能性が高いからです。

多くのサイトからリンクを受けるリンクサイト集は、
ペナルティを受けているサイトを紹介してしまっている場合があります。

必ず幾つかのサイトはペナルティを受けています。

そのサイト等と相互リンクしているということは、
サイトリンク集自体もペナルティ評価を受けてしまうケースが多いからです。

そんな状態のサイトからリンクを受けたいでしょうか?
できれば受けたくないですよね。当然です。

最終的に自分のサイトがペナルティをれ受けてしまっては意味がありません。

また、リンクサイト集はサイトを紹介するだけです。

サイト名やサイト説明が延々と書かれており、ただでさえ中身のないペナルティを受けやすいサイトなのです。

SEOが好きな人には分かるでしょうが、リンクは自然と増えて行くものです。

これを意図的に増やすことはあまり好ましくありません。

それを知らず知らずのうちにやってしまうことになるのです。

危ないですよね?

検索結果に頼らないサイト集客という面では大変有効活用出来ますが、

自分のサイトを名前で検索した時・された時に『サイトが出てこない』

ということにならないように注意した方が良いでしょう。

現代のSEOの基本です。
posted by 妄想SEOブログ at 15:10 | Comment(0)

Googleアルゴリズムは気にするな

「Googleのアルゴリズムのアップデート」をご存知だろうか?

ウェブサイトの検索エンジンは、検索サイト(GoogleやBing)によっては異なります。

これは、検索結果を導き出す仕様(計算式・アルゴリズム)がそもそも違うからです。

これらを特定の条件の下でソート(整列)させるのが検索エンジンです。

その計算式(アルゴリズム)が変更・修正更新されたということです。


では、Googleアルゴリズムのアップデートで何が変わるのだろうか?

アップデートの種類は有名なものが2つあります。

・ペンギンアップデート
・パンダアップデート

ペンギンは主に、サイトの評価を下げる目的があります。(ペナルティを付与したりする)

パンダは、白黒つけるという意味で、サイト評価を上げたり下げたりします。(厳密には上げない。)

ホームページを管理していると、これらのアップデートの影響を受けないように気をつけている人がほとんどではないでしょうか。

では、具体的な対策はどのようなものがあるかというと、

・特定の単語を乱用しない。
・他のサイトから文章をコピーしない。
・低評価サイトからの被リンクを避ける。(SEO会社を使わない)
・個々のページの情報量を増やす。(中途半端なページを作らない)

以上の様に、至極当たり前の対策が求められます。

つまり、普通にサイトを作り上げていれば何も怖いことは無いのです。

そうすれば、他のサイトが順位を落とす中、自サイトは順位を維持し、下落サイトがある分の順位上昇が可能です。

何もしないで順位が上がるならばこれに越したことはありませんよね?

これらのことから、普段通りにホームページの運営をしていれば、怖いことは一切ないのです。

例年、5〜6月、10月、12月、3月 というスパンでマイナーチェンジが行われています。

SEOの基本的な要因なので、日々チェックしてみると良いでしょう。
posted by 妄想SEOブログ at 15:05 | Comment(0)

SNSやスマホアプリはやめよう

ホームページとSNSを連携させていることはありませんか?

実はこれはSEO上の対策としては間違っています。

 ※一部有効な点もあり。後述参照。

その理由としては、『個々のSNSサービスとは相互リンクにはならない』からです。

「えっ、どういうこと?」、「順位上げには使えないの?」 と思いますよね?

『はい、順位上げには効果・意味がありません!』

何故か?

ほぼ全てのSNSサイトは、発リンクをnofollow仕様にしています。

つまり、いくらSNSサービスをSEO的な道具として使おうとしても、
外部対策としての役割を担うことが出来ないのです。

・Twitter
・Facebook
・Instagrm
・mixi等

これらは全て同様の仕様になっています。

SNSサービスは、アカウントさえ取得してしまえばいくらでもページを作ることができます。

もしも、これらからの発リンクが有効でありSEOの力をウェブサイトに与えることが出来てしまうと、
検索順位は唯の人気投票になってしまいます。

また、SNS内で知名度を獲得した場合、それらの規模は通常のウェブサイトとの規模とは桁が違います。

SNSアカウントを1つのウェブサイトとすると、バックリンクが数百万件にもなってしまいます。

これでは今までのウェブサイトやウェブサイト検索の結果に極端に大きな影響が出ることは容易です。

こういったサービスの仕様から、SNSサービス側は、
自主的にSEO的な使い方が出来ないように規制しているケースがほとんどです。

(SNSサービス側もGoogleの意に反する形でサービスを展開しては、
 ウェブ検索結果に該当しない・表れもしないウェブサービスになりかねないからです。)


では、どのようなケースだと有効活用できるのか?

・ウェブサイトに動きを出したい時
・SNS経由で情報を発信したい時
・ホームページを作れない場合

この程度に限られてしまいます。

ウェブサイトに埋め込みをすることにより、ウェブサイト上の更新に見せることができます。

スマホなどでも簡単に編集できる点は魅力ではあります。

(ですが、ホームページから無用な発リンクをさせることにはなります。
 そもそも、Twitterなどの順位はあげなくてもいいですよね?)

Facebookなどの閉鎖的なサービスだと、そこで情報を発信しなければ伝わらないこともあるので、
使わざるを得ない場合もあるかもしれません。

(こちらも本来ならば、ホームページでできるはずのことを、
 今あえてSNSという場で同じような情報発信をする意味はありません。)

このような理由から、スマホなどの簡単なツールから、
簡単なSNSでウェブ機能を使っているまでのものだと言ってしまえるでしょう。


しかし、一部で有効な点もあります。

極限りなく影響力は薄いとみて間違いはありませんが、
『nofollowリンクを集めることは順位上昇に繋がる』という要素もあります。

これらSNSからのリンクは、通常のnofollowリンクよりも更に影響力は小さいと思われます。

もしかすると一定の量のリンクで規制されている可能性が高いです。

利用しないよりは良いですが、利用したところで…とういう感じが否めません。


ここまで読んでも納得出来ない人は、『SNSを使って集客が増えたり・売り上げが上がった』
もしくは『そういう話を聞いたことがあるし有名・当たり前の』とイメージが先行しているはずです。

もちろん、その影響力はあります。

ですが、そこに至るまでの過程には、SEOの影響力はないということを認識していただきたいです。

何故なのか?

TwitterやFacebookで情報を発信すると、受け取り手はフォローやリツイートをしてくれます。

それらを経由してサイトを訪問してもらったり、自分のブログやウェブサイトに情報を載せて下さるだけなのです。

つまり、情報を見てウェブ検索からサイトに訪問してくれる流れであれば、
ユーザーの訪問数や訪問時間によって、サイトの順位が上がるプラス的要因になります。

また、ブログやウェブサイトで宣伝してくれれば、それは被リンクをもらうことになり、こちらもプラス的要因になります。

こういった、最終的に自然とSEO的に影響を及ぼす可能性を作り出すことができるだけであって、
直接的にSEOの対策とすることは出来ないのです。

要するに、集客やアクセス数が上がっても、それはSNSの影響力であり、
SEO的な影響力ではないということです。


これらを考えると、決して無駄にはならずSNSも有効活用は出来ますが、

SNSのそれとSEOとは別物であると考えてしまうことが重要でしょう。

SocialNetworkServiceMarketing』 と 『SearchEngineOptimization』

とは違うということです。

意味を考えれば畑が違うのも分かりますよね。
posted by 妄想SEOブログ at 15:00 | Comment(0)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。