2014年11月18日

順位が上がっていない理由

たまに、順位を上げることができていないサイトがあると、見るだけである程度の判断できてしまうことがあります。

それは、『忙しい』ということです。
(言い訳みたいなものですが。)

実際に、1日の終りに帰ってから自分のサイトを念入りに作ることができる人というのは多くないでしょう。

人にもよりますが、その時間を確保することは簡単ではありません。

もちろん、サイトを管理するだけなら問題ないでしょう。

それと同じで、SEO会社などはSEO自体を仕事にはしているものの、

自社プロジェクトで、「サイトを作ろう」となると、時間も労力もない場合が多い。

それだけ、忙しく追われる仕事を処理しているだけと予想できるでしょう。

普通に考えると集客上問題があるが、このようなケースは珍しくないです。

外見から、余力がある会社なのかどうなのかを判断するには十分でしょう。

もちろん、順位で実力が分かるものです。

しかし、そもそも順位を上げていないだけなのか、それとも上げる技術がないのか。

この場合、ほとんどが後者でしょう。

SEO会社は外部対策が全てです。

多くがそれを望まれています。

内部的な面は当然無視できませんが、実際に活きてくるのは被リンク外部対策がほとんどです。

つまり、リソースがどれだけあるかということが結果を生むのです。

ですので、リソースがなければ順位は上がりません。

また、リソースが無いということは、リソース作りに裂く時間もないということでしょう。

これらのことから、リソースについての考え方ができているか否かを判断できます。

特に、SEO会社は被リンクを貼るだけという考えもある為、この点は顕著です。

リソース自体に力があるからこその結果ですが、力がなければ初めから作るしかありません。

それが可能かどうかが結果で現れてしまっているのです。

順位が上がっていなければ力がないわけだし。あがっていれば力があるわけです。

このような判断の下、SEO会社を選んでみると良いでしょう。

ちなみに、ブログでも上がっているか否かで、内容の信憑性や重要性が判断できるような気がします。




posted by 妄想SEOブログ at 21:09 | Comment(0)

SEOでブログをやっていると…

SEOでブログをやっていると、

『自分のブログの順位を上げようよ。』

となるんですよね。

しかも、扱ってるネタがSEOだと余計に意識してしまう。

よく、SEO会社は自社のコーポレートサイトなどの順位が上がっていないと、

『説得力が無い。』となる。

当たり前ですよね。

ですので当サイトで言えば、「ブログ」「ブログ」と叫んでいないといけないわけです。笑

何のキーワードでサイトを押して行きたいのか、検索エンジンに伝えなければいけないのは当然でしょう。

もちろん、内容を考えれば自然と検索順位は上がるものですが、競合サイトに負けていては、

『SEOの実力が無い』

と判断されてしまうわけで。

もちろん、これは当ブログだけに言えることではないでしょう。

個々のウェブサイト自体を見れば、「内容は充実していて詳しい情報も十分にある」と伝わるでしょうが、

「結局は順位」「結果が全て」

と言ってしまっても過言ではありません。

SEOに注力するからこそ、そのキーワードで検索順位で結果を出さなければ、ただのブログになってしまいます。

キーワードはあくまでもサイトの方針や方向性であり、

「内容で勝負しています。」とは中々いかないのが現実です。

それが今のGoogleアルゴリズムの形になっているので仕方ないのかもしれません。

関連性や方向性がマッチしているだけでは結果が伴ってこないと共に、

そういった内容にこだわるのは、最後の最後に考えることと言えるのこもしれません。

細かい部分にまで対策を施して行くことで、後から結果がついてくることに期待せざるを得ないし、

漠然とした理屈でしか形にできないものがSEOなのかもしれません。

こういう特定のジャンルでのウェブサイトの扱いになると「ブログ」などの単発キーワードの方が対策しやすいのかもしれません。


posted by 妄想SEOブログ at 06:19 | Comment(0)

2014年11月17日

SEOで必要な文言とは

SEOで必要な文言はどのようなものか悩みますよね。
基本的にはオリジナリティが大切だと言われています。

もちろん、コピーコンテンツは悪評となる為、類似内容は避けるべきです。

では、具体的にどのような内容のページを作るべきなのか。

まず、対策キーワードを盛り込んだ文章を使うことは当たり前です。

いくら詳しい内容の完璧なページを作ったとしても、対策キーワードがなければ意味はありません。

ですので、有る程度の頻度で対策キーワードは含むことが求められます。

次に重要なことは、関連性です。

ここで勘違いしそうなことは、コピーコンテンツを意識し過ぎたオリジナルコンテンツ重視の内容のページを作ることです。

先ほど同様に、どんなに完璧に作ったとしても、類似サイトページの言葉を並び替えたような文章では意味がありません。

しかし、関連性がなさ過ぎてもアウトです。

何故か?

評価される内容というものは、評価されるだけの価値を持っているということです。

その価値や評価とは、人が文章を読み感銘を受けるようなものではなく、

ロボット検索エンジンが読んだ結果、如何に評価基準からしてマッチした内容が盛り込まれているかということなのです。

つまり、オリジナリティとは言うものの、ある種のデータベースの内容をどれだけ盛り込むかが大切なのです。

もちろん、1位のサイトを真似ると良いかもしれない考えるでしょう。

しかし、単語の順序や接続詞を変えた位では検索エンジンはすぐに低評価を下します。

では何なのか。

答えをいいます。

Wikipediaのようなイメージを持つことが大切です。

このページを見れば何でも分かるような情報の集まった内容を作り上げることです。

要するに、検索ジャンル上の数ある多くのサイトと、それぞれ共通点のある自分独自の言い回しのページを作れるかです。

これが質の高いSEO上の評価の高いページになるわけです。

ですので、コピーコンテンツというものがどのようなものなのかを、今一度考えるべきでしょう。

そうでなければ、文章はある程度が取り上げられてしまえば、似るのは当たり前でコピーになってしまいます。

如何にコピーコンテンツにならずに、自然と内容と質が高いと魅せられ、騙せる言葉の羅列を作れるかが、

評価のされる自然なオリジナルコンテンツと判断されるのです。

非常にシビアで難しいことですが、このような基本的で基礎的な考えを持ってSEO対策に望めば、上位化も目の前でしょう。





posted by 妄想SEOブログ at 23:21 | Comment(0)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。