2015年01月22日

ベニスアップデートに有効な3つの新たな対策

ベニスアップデートで今後増えるであろう対策は、3つです。

サクッと行きます。


@まず、対象のウェブサイトに地域情報を含ませましょう。

サイトのターゲットエリアを明確にすることが重要でしょう。

特に重要なことは、エリア対策をカテゴリーで別けることです。

単純に特定のエリアを含めるだけでは、対象エリア以外の検索では弾かれます。

どんなにSEOがしっかりしていても、エリアが違うと5ページは順位が下がります。

その対策として別エリアのカテゴリーを作り、各エリア情報を多く含めたページを用意しておくと良いでしょう。


A外部対策として、地域特化のサイトからのリンクを貰う。

つまり、SEOの要素としての地域情報を獲得したいわけです。

ウェブサイトのタイトルに地域がないのであれば、タイトルリンクで地域要素を得ることはできません。

キーワードを含んだリンクが外部対策SEOの王道でしょうが、アンカーテキストリンクを地域にしたリンクをもらいましょう。


B外部対策用のサイトは、ハイクオリティーはマッチングサイトにすること。

ドメインキーワード含有率が40%以上で上位10キーワードが共通しているウェブサイトが好ましいです。


まとめ、

キーワード以外にエリアという区別もSEOに加わったことを意識しましょう。

ベニスアップデートと焦らずに、今まで通り単純に考えて対策することが望ましいです。

ベニスアップデートの順位や評価は、地域情報が入らないウェブサイトに関しては、今までと変わらない評価を受けていると言われています。

しかし、それ以上にエリア情報を重視するGoogleの評価により、既存の検索結果のウェブサイトの順位を過度に追い抜く傾向にあります。

その為、地域ワードを含むウェブサイトと同様の対応をするだけで対処はできるのです。

ベニスアップデートで順位の変動に対応したい場合は、試してみると良いでしょう。





posted by 妄想SEOブログ at 21:20 | Comment(0)

2015年01月21日

東京でのベニスアップデートの極端な対応方法

ベニスアップデートの特徴の一つとして、SEO要素としての地域情報の対応が必要です。

これらは、特定のページのキーワード出現率を意識するだけでは意味はありません。

当然、内部のリンクの精度が高ければ、単ページでの上位化も可能でしょう。

では、効果的にサイト全体をSEO要素としての地域情報を付与させ、上位化する方法を考えてみます。


まず重要となってくる対象のページは、『ドメイン内の全てのページ』、もしくは『カテゴリー内の全てのページ』です。

対策箇所としては、『ページタイトル』『h1』『ページコンテンツ内の文言』『自サイトフッターリンク』です。

簡単にいきましょう。

SEO要素としての地域情報が一切無いという状況を前提とします。

タイトルの前部に『東京の◎◎〜』などとします。h1とフッターリンクも同様です。

ページコンテンツ内の文言については、ある程度のボリュームがあると仮定して、「東京」を5個ほど文言に散りばめて加えましょう。

正直、これだけです。

あらビックリ!上位化するはずです。

このようにする事で、相対的なキーワード含有率は自然と上昇するはずです。

つまり、今までは『◎◎を探しているならなら△△サイト』で問題なかったものが、

『東京で◎◎を探しているなら△△サイト』という表現が求められているとともに、Googleからの評価は高いのだと考えられます。

皆さんも一度、適当な下層ページなどで試してみてはいかがでしょうか?






posted by 妄想SEOブログ at 23:07 | Comment(0)

ベニスアップデート後に上位化させるには

Googleベニスアップデート後に上位化させる為には、幾つかのテクニックが必要です。

まず、以前からの順位の変動を注視しましょう。

あなたのサイトの順位は上がりましたか?下がりましたか?

順位の上がっているか変化のない場合には、ひとまず問題はありません。

下がっているサイトの場合、ベニスアップデートの影響を直接的に受けているはずです。

以前の検索順位とベニスアップデート後でのアルゴリズムの違いを強く意識しましょう。

すると、何が足りないのかが見えてきます。

ベニスアップデート…つまりSEO要素としての地域情報が足りないと判断できます。

コンテンツの中身への地域コンテンツ情報の記載という意味とは、少し考えを変えてみてください。

ドメイン全体に対しての地域情報の付与が足りてないと考えることが重要です。

つまり、コンテンツ内部のキーワード出現率というものではなく、

ドメイン自体の相対的なキーワード含有率という意味での地域情報が足りていないわけです。

もし、以前の検索順位結果に表示されていた全てのサイトが、SEO要素としての地域情報が含み正しく対策されていたとするならば、

ベニスアップデートが来た直後に、順位変動は起きなかったと考えられるのではないでしょうか?

これらの当たり前の考え方から、SEO要素としての地域情報をウェブサイトを組み込むべきでしょう。
posted by 妄想SEOブログ at 21:47 | Comment(0)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。