2015年02月08日

Google、アルゴリズムの微調整?

Googleのアルゴリズムの変化をたまに感じることはないだろうか?

昨今、特に変化を感じる部分はバックリンク系統の調整だろう。


2015年02月06日、検索キーワードの同義語の制限がありました。

これらは、検索をすれば確認できるレベルのものです。

検索キーワードは、それ自身の意味しか持たない状況だったようです。

つまり、全く別の表現の文字列が特定の意味を持たなくなっていました。

例えば『48』

これは、48という意味しかありませんでした。

しかし、以前は『48』『AKB』『HKT』その他などの意味を同様に含んでいました。

それが、有効→無効→有効 とテストされているかのように検索結果に影響が出ています。

結論としては、共起語が一時的に無効化された状態であったといえるでしょう。

こうしたことは珍しいことではなく、たまに起こることもあります。

しかし、そのまま無効化されるだけではなく、やはり以前と同じ状況に戻っていました。

もしかすると、いつかは調整される日が来るかもしれません。

注視した方が良いでしょう。









posted by 妄想SEOブログ at 01:07 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。