2015年02月05日

何故サイトの順位が上がらないのか?

SEOは中身が重要です。

しかし、昨今ではやはり被リンクと言われています。

今、あえて外部リンクの重要性を語ります。


まず、このブログもいくらかの意味のあるページコンテンツを用意出来ているはずです。

内部リンクは上手く組めてはいませんが、十分にトップレベルドメインに力は集まってきています。

しかし、順位は上がりません。

要するに。いくら内部を強化しても、ジャンルや規模にもよりますが、順位は上がらないと分かります。

ここではキーワード出現率もそれなりに意識しての対策ですが、効果は薄いかもしれません。

要するに、内部が100満点であろうとも、外部の力がなければ検索順位は上がらないと考えてしまって良いでしょう。

さらに、逆のパターンが重要で、内部がズタボロであれば、いくら100点満点の外部対策があろうとも意味はありません。

ウェブサイトでは、内部対策と外部対策では、前者の方が重要です。

なぜならば、良いサイトは自然とリンクが集まって然るべきという考えが成立するからです。

つまり、中身のないサイトの場合、いくら外部対策を強化しても効果は薄いのです。

これらを深く考えると、サイトの状態次第では、外部対策がマッチさえしてしまえば効果は絶大なのです。

逆の場合はサイトはそれなりに評価をされますが、サイト順位面の評価や成長性については劣ってしまいます。

内部対策はそこそこに良いものであり、外部対策を完璧にしてこそ、初めて効果が出るのです。

外部対策は様々な考えを自然と生んでくれるでしょう。

考えを整えて考慮してみてはいかがでしょうか。

ベニスアップデートやモバイルフレンドリーといったGoogleアルゴリズムに対応するには、まずは内部対策です。

その効果をさらに何倍にも加速させるものが外部対策と言えるのではないでしょうか。

ウェブサイトを完璧に作り上げることこそが重要です、







posted by 妄想SEOブログ at 23:59 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。