2015年01月22日

ベニスアップデートに有効な3つの新たな対策

ベニスアップデートで今後増えるであろう対策は、3つです。

サクッと行きます。


@まず、対象のウェブサイトに地域情報を含ませましょう。

サイトのターゲットエリアを明確にすることが重要でしょう。

特に重要なことは、エリア対策をカテゴリーで別けることです。

単純に特定のエリアを含めるだけでは、対象エリア以外の検索では弾かれます。

どんなにSEOがしっかりしていても、エリアが違うと5ページは順位が下がります。

その対策として別エリアのカテゴリーを作り、各エリア情報を多く含めたページを用意しておくと良いでしょう。


A外部対策として、地域特化のサイトからのリンクを貰う。

つまり、SEOの要素としての地域情報を獲得したいわけです。

ウェブサイトのタイトルに地域がないのであれば、タイトルリンクで地域要素を得ることはできません。

キーワードを含んだリンクが外部対策SEOの王道でしょうが、アンカーテキストリンクを地域にしたリンクをもらいましょう。


B外部対策用のサイトは、ハイクオリティーはマッチングサイトにすること。

ドメインキーワード含有率が40%以上で上位10キーワードが共通しているウェブサイトが好ましいです。


まとめ、

キーワード以外にエリアという区別もSEOに加わったことを意識しましょう。

ベニスアップデートと焦らずに、今まで通り単純に考えて対策することが望ましいです。

ベニスアップデートの順位や評価は、地域情報が入らないウェブサイトに関しては、今までと変わらない評価を受けていると言われています。

しかし、それ以上にエリア情報を重視するGoogleの評価により、既存の検索結果のウェブサイトの順位を過度に追い抜く傾向にあります。

その為、地域ワードを含むウェブサイトと同様の対応をするだけで対処はできるのです。

ベニスアップデートで順位の変動に対応したい場合は、試してみると良いでしょう。







posted by 妄想SEOブログ at 21:20 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。