2015年01月21日

東京でのベニスアップデートの極端な対応方法

ベニスアップデートの特徴の一つとして、SEO要素としての地域情報の対応が必要です。

これらは、特定のページのキーワード出現率を意識するだけでは意味はありません。

当然、内部のリンクの精度が高ければ、単ページでの上位化も可能でしょう。

では、効果的にサイト全体をSEO要素としての地域情報を付与させ、上位化する方法を考えてみます。


まず重要となってくる対象のページは、『ドメイン内の全てのページ』、もしくは『カテゴリー内の全てのページ』です。

対策箇所としては、『ページタイトル』『h1』『ページコンテンツ内の文言』『自サイトフッターリンク』です。

簡単にいきましょう。

SEO要素としての地域情報が一切無いという状況を前提とします。

タイトルの前部に『東京の◎◎〜』などとします。h1とフッターリンクも同様です。

ページコンテンツ内の文言については、ある程度のボリュームがあると仮定して、「東京」を5個ほど文言に散りばめて加えましょう。

正直、これだけです。

あらビックリ!上位化するはずです。

このようにする事で、相対的なキーワード含有率は自然と上昇するはずです。

つまり、今までは『◎◎を探しているならなら△△サイト』で問題なかったものが、

『東京で◎◎を探しているなら△△サイト』という表現が求められているとともに、Googleからの評価は高いのだと考えられます。

皆さんも一度、適当な下層ページなどで試してみてはいかがでしょうか?








posted by 妄想SEOブログ at 23:07 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。