2014年12月06日

SEOは基本が大切であり被リンクが重要

最近のSEOは、いつくかの要点を抑えた基本的な対策が求められているように感じます。


「被リンク」

被リンクは、被リンク元のページ内容がマッチするかが非常に重要です。

単純にページの質を重視して、クラスC以上の被リンクを集めればサイトは確実に順位上昇します。


「サイトコンテンツの質」

よりオーサリティのある独自性とオリジナリティの強い、
かつジャンル共通項目の内容をカバーできる内容のページ数で、サイト順位は上昇します。

また、如何に内部リンクをしっかり確保出来るかが重要です。

トップレベルドメインを強化出来ているかで全て結果がでます。


「ページランク」

目に見えるページランクは終了します。

しかし、ページ内部の評価の度合いとしてのページのランクに関しては、
今後も変わらずに存在していくので、ページランクの考えは基本的には存在しています。

これを意識してサイトを作るとととに、被リンクをもらうべきです。


「キーワード出現率の調整」

サイトやページが、何に対してのテーマを持っているかを検索エンジンに伝えなければなりません。

キーワードしよう回数の多すぎには注意が必要ですが、使わないと全く意味がありません。

単語の散りばめなければ、ロングテールでのアクセスも見込めません。


「ソーシャル対策」

NOFOLLOWリンクも意味があります。

つまり、如何に影響力のあるSNSなどからのリンクを得られるかは重要です。

また、多くの利用者のいるのサービスからのリンクを使うことが重要です。

Google+もとても重要で、Googleサービスを使うことが明暗を分けるでしょう。



これらの基本的なSEO対策さえ忘れずに意識すれば、サイトの順位向上に必ずつながります。


posted by 妄想SEOブログ at 19:10 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。