2014年12月04日

【いつだろね?】グーグル、子ども向け検索機能開発へ 個人情報に懸念も

内容も非常に理解しやすく「なるほど」と考えさせられました。

しかし、そもそもちょっと違うと私は思います。

【グーグル、子ども向け検索機能開発へ 個人情報に懸念も】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141204-00000019-asahi-int
関連記事(2014/08/21)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/idg/14/481709/082100011/?ST=cio-socia...

関連の記事や過去の内容を見ると、

現状特定のページを見る為には親のふりをしてウェブ閲覧を回避する13最未満の未成年が多い。

現在、ヤフー等のオンラインマネーチャージのようなシステムでは親紐付けアカウントを使うサービスが多い。

親が許可し追跡しGoogleなどに報告し、子供に害の無いウェブサイトを見せることも出来るが、
プライバシーの乱用に当たるので難しい。

児童オンラインプライバシー保護法が存在し、準拠するべきであり、改善機会ではある。

現状プロバイダー契約だけが年齢認証ハードルであり、子供たちの外敵はウェブ上には多い。

年齢認証などで、悪い広告を制御もできるはずだ。

権利擁護団体は、Googleの過去のプライバシー失策(訴訟)を踏まえ、慎重で保守的である。

政府の規制に準拠しながら、Googleは親の強力な監視およびプライバシー制御も前提に、
正当な子どもたちの為のアカウント施策(ができれば?)は評価できるものだろう。

ちなみに関連記事の原文は、「かもしれない」というタイトルです。

近い将来とはいつなのでしょうか。


タグ:新規情報
posted by 妄想SEOブログ at 21:09 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。