2014年11月17日

SEOで必要な文言とは

SEOで必要な文言はどのようなものか悩みますよね。
基本的にはオリジナリティが大切だと言われています。

もちろん、コピーコンテンツは悪評となる為、類似内容は避けるべきです。

では、具体的にどのような内容のページを作るべきなのか。

まず、対策キーワードを盛り込んだ文章を使うことは当たり前です。

いくら詳しい内容の完璧なページを作ったとしても、対策キーワードがなければ意味はありません。

ですので、有る程度の頻度で対策キーワードは含むことが求められます。

次に重要なことは、関連性です。

ここで勘違いしそうなことは、コピーコンテンツを意識し過ぎたオリジナルコンテンツ重視の内容のページを作ることです。

先ほど同様に、どんなに完璧に作ったとしても、類似サイトページの言葉を並び替えたような文章では意味がありません。

しかし、関連性がなさ過ぎてもアウトです。

何故か?

評価される内容というものは、評価されるだけの価値を持っているということです。

その価値や評価とは、人が文章を読み感銘を受けるようなものではなく、

ロボット検索エンジンが読んだ結果、如何に評価基準からしてマッチした内容が盛り込まれているかということなのです。

つまり、オリジナリティとは言うものの、ある種のデータベースの内容をどれだけ盛り込むかが大切なのです。

もちろん、1位のサイトを真似ると良いかもしれない考えるでしょう。

しかし、単語の順序や接続詞を変えた位では検索エンジンはすぐに低評価を下します。

では何なのか。

答えをいいます。

Wikipediaのようなイメージを持つことが大切です。

このページを見れば何でも分かるような情報の集まった内容を作り上げることです。

要するに、検索ジャンル上の数ある多くのサイトと、それぞれ共通点のある自分独自の言い回しのページを作れるかです。

これが質の高いSEO上の評価の高いページになるわけです。

ですので、コピーコンテンツというものがどのようなものなのかを、今一度考えるべきでしょう。

そうでなければ、文章はある程度が取り上げられてしまえば、似るのは当たり前でコピーになってしまいます。

如何にコピーコンテンツにならずに、自然と内容と質が高いと魅せられ、騙せる言葉の羅列を作れるかが、

評価のされる自然なオリジナルコンテンツと判断されるのです。

非常にシビアで難しいことですが、このような基本的で基礎的な考えを持ってSEO対策に望めば、上位化も目の前でしょう。







posted by 妄想SEOブログ at 23:21 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。