2014年11月10日

関連性のないページでもSEOの力を落とさない為には

SEOを意識してサイトを作っていると減点評価されることに警戒してしまうはずです。

特に関連性のないページだとその影響力は侮れません。

これらのことから、SEOで関連性のないページを作らないようにする傾向が強いのではないでしょうか。

SEO的な考えから行くと、関連性のないサイトから発リンクをもらうことはあたり前です。

質の高いサイトからの被リンク対策もあたり前にあるでしょう。

こう考えると、ページ単位でも関連性がない場合も悪影響になるばかりではないのです。

また、逆にユニークなサイトからの被リンクがあったとしても、内容次第ではマッチする為にプラスになります。

マッチする内容さえ合えば、ドメイン内のページとページの関連性がなかったとしても一つの被リンクを得たという結果としてはプラスになるでしょう。

ここまでで重要なことは、

『ドメイン間での関連性がなくても良い』
『関連性のないページがあっても適切な評価のあるサイトから被リンクをもらう』
『リンクの受け手も与え手もページランクを重要視する』

これらの条件さえクリアしてしまえば、どのような被リンクでも、プラスの評価はあると考えて良い。

あえて逆を確認するとすれば、

『関連性があっても内容の薄いサイトはマイナス評価』
『関連性があっても低評価のサイトは絡ませない』
『ページランクがないのなら、関連性がなければならない』

こういった内容が重要となるはずだ。

しっかりとしたサイトであれば、リンクを受けた瞬間にも順位は上がるはずです。






posted by 妄想SEOブログ at 07:27 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。