2014年11月04日

Googleアルゴリズムは気にするな

「Googleのアルゴリズムのアップデート」をご存知だろうか?

ウェブサイトの検索エンジンは、検索サイト(GoogleやBing)によっては異なります。

これは、検索結果を導き出す仕様(計算式・アルゴリズム)がそもそも違うからです。

これらを特定の条件の下でソート(整列)させるのが検索エンジンです。

その計算式(アルゴリズム)が変更・修正更新されたということです。


では、Googleアルゴリズムのアップデートで何が変わるのだろうか?

アップデートの種類は有名なものが2つあります。

・ペンギンアップデート
・パンダアップデート

ペンギンは主に、サイトの評価を下げる目的があります。(ペナルティを付与したりする)

パンダは、白黒つけるという意味で、サイト評価を上げたり下げたりします。(厳密には上げない。)

ホームページを管理していると、これらのアップデートの影響を受けないように気をつけている人がほとんどではないでしょうか。

では、具体的な対策はどのようなものがあるかというと、

・特定の単語を乱用しない。
・他のサイトから文章をコピーしない。
・低評価サイトからの被リンクを避ける。(SEO会社を使わない)
・個々のページの情報量を増やす。(中途半端なページを作らない)

以上の様に、至極当たり前の対策が求められます。

つまり、普通にサイトを作り上げていれば何も怖いことは無いのです。

そうすれば、他のサイトが順位を落とす中、自サイトは順位を維持し、下落サイトがある分の順位上昇が可能です。

何もしないで順位が上がるならばこれに越したことはありませんよね?

これらのことから、普段通りにホームページの運営をしていれば、怖いことは一切ないのです。

例年、5〜6月、10月、12月、3月 というスパンでマイナーチェンジが行われています。

SEOの基本的な要因なので、日々チェックしてみると良いでしょう。


posted by 妄想SEOブログ at 15:05 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。