2016年05月29日

風俗デリヘルサイトは内部リンクを見直せ!

風俗デリヘル店舗サイトのSEOは独特な風潮があります。

何が本質的な順位決定要因となるのか決定付けることが困難です。

しかし、基本的には一般のサイトのSEOとは何ら違いはないということをしっかりと覚えておきましょう。

今回は、確実に効果があり根拠のある内部修正内容をお伝えいたします。

ます、風俗デリヘル店舗サイトではアダルトサイトということもあり、年齢認証ページというものが必ず設けられています。

この入り口となるページを通らなければ、インデックスページ以外の下層ページに行くことはできません。

あまり、SEOに詳しくないホームページ制作会社の場合、これらのセオリー構成が崩れる場合があります。

一般的に、サイトの力を他のサイトに流すことを避けようとするSEO構成が主流となっています。

ですので、インデックスページからのリンクは1本となっており、トップメニューページに進むことになります。

リンクジュースを制限してサイトの力を下層ページに伝えようとする意図としては決して間違ってはいません。

しかし、昨今ではこれらのサイト構成はNGであるという風潮が強いです。

具体的に直すべき箇所項目が2点あります。

@ ポータルサイトリンクの設置
A 下層ページへのリンクメニュー

@はリンクジュースを他のサイトに流さない目的ですが、大手有名有力サイトなどへの発リンクは非常に有効とされています。

以前は発リンクは悪とされていましたが、リンク先のサイトの信頼性についてはマイナス面はない為、dofollowリンクが重要とされています。

Aは下層ページへの内部リンクの設置になりますが、一般サイトであれば当たり前の構成と仕様になるでしょう。

検索に下層ページが該当してしまうなどのサイトにコントロールが難しくなる原因を作りかねない方法にはなりますが、基本的には内部リンクでサイト内にしっかりとドメインの力を均等化させる為には重要です。

昨今「アダルトサイトだからこの構成」というセオリーはあまりマッチしなくなってきています。

昔から「内部リンクを充実させる」という考え自体の方が正解でありセオリーになっている為、重要と考えてしまって良いでしょう。


◇まとめ

テンプレートサイトなどで自由度の低いサイトが多いかもしれませんが、基本的なSEO対策のサイト構成を意識してのサイト作りをすれば、自ずと順位向上に繋がるとでしょう。

お悩みの方はお試しください。
posted by 妄想SEOブログ at 21:46 | Comment(0)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。