2014年11月10日

関連性のないページでもSEOの力を落とさない為には

SEOを意識してサイトを作っていると減点評価されることに警戒してしまうはずです。

特に関連性のないページだとその影響力は侮れません。

これらのことから、SEOで関連性のないページを作らないようにする傾向が強いのではないでしょうか。

SEO的な考えから行くと、関連性のないサイトから発リンクをもらうことはあたり前です。

質の高いサイトからの被リンク対策もあたり前にあるでしょう。

こう考えると、ページ単位でも関連性がない場合も悪影響になるばかりではないのです。

また、逆にユニークなサイトからの被リンクがあったとしても、内容次第ではマッチする為にプラスになります。

マッチする内容さえ合えば、ドメイン内のページとページの関連性がなかったとしても一つの被リンクを得たという結果としてはプラスになるでしょう。

ここまでで重要なことは、

『ドメイン間での関連性がなくても良い』
『関連性のないページがあっても適切な評価のあるサイトから被リンクをもらう』
『リンクの受け手も与え手もページランクを重要視する』

これらの条件さえクリアしてしまえば、どのような被リンクでも、プラスの評価はあると考えて良い。

あえて逆を確認するとすれば、

『関連性があっても内容の薄いサイトはマイナス評価』
『関連性があっても低評価のサイトは絡ませない』
『ページランクがないのなら、関連性がなければならない』

こういった内容が重要となるはずだ。

しっかりとしたサイトであれば、リンクを受けた瞬間にも順位は上がるはずです。






posted by 妄想SEOブログ at 07:27 | Comment(0)

2014年11月07日

SEOで上位化させるにはタイトルが重要

SEOで検索順位の上位化をする為にはタイトルの適正化が求められます。

まず幾つかの例を出しましょう。

上位化を目指したいキーワードは、
『SEO』『成果報酬』『安い』だとします。

では、現時点で3つのサイトがあるとします。(仮にページ内容は同じとします)

1「SEO 成果報酬 安い」
2「成果報酬 SEO 安い」
3「安い 成果報酬 SEO」

これらのページタイトルだとします。

もちろん、検索の仕方で結果は違いますが、どのキーワードを重視するかで変わってきます。

まずは、消去法で『安い』を優先順位の3番目に決めます。

『安い』よりも、『安い』何を探すのかが重要ですよね。

現実的なところをいってしまうと、安いかどうかは見積もりをもらわなければ分かりませんよね。

ユーザーの視点から考えても、料金の安い会社は謳い文句だけです。ECサイトの商品価格比較ではないので、あまり重要ではありません。

それでは、『SEO』『成果報酬』のどちらに重きを置くかになりますが、「SEO 安い」と「成果報酬 安い」では、前者優先です。

早い話が、こちらも意味が通る方を選びます。「成果報酬 安い」では、何のジャンルかは分かりません。探偵事務所かもしれませんしね。

以上のことから、『SEO 成果報酬』が1番大切だということが分かります。

次に、キーワードの順番です。

『SEO 成果報酬 安い』
『SEO 安い 成果報酬』
『成果報酬 SEO 安い』

どれが良いのかという問題になります。

検索順位的にはどちらも同じですが、目的の順にキーワードを配置すれば良いのです。

初めに、何を求めてるのか?

「SEO」を求めてるのでこれが1番です。

次に、SEOのなかのどのようなものを求めているのか?

「SEO 安い」は見積もり次第で曖昧です。それよりもプランで絞る「SEO 成果報酬」の方が適切です。

最後に、「SEO 成果報酬 安い」という順番にすれば良いでしょう。

こうすると、『SEOの成果報酬で1番安い会社◎◎』とユーザー検索にマッチする自然なタイトル文になります。


何故このようなキーワードの順番を意識した説明をしたかというと、

『SEOでは、ページ内容を示したり重要視するキーワードを前に持ってきた方が有利だからです』

例えば、

『SEOとは、〜です』
『〜、これをSEOといいます』

このような、キーワードが文章の先頭にくるか後に来るかでは、検索エンジンのキーワードに対する捉え方が変わるからです。

こういった順序での検索順位優劣は割と重要です。

『◎◎』『◆◆』『▲▲』という3つのキーワードがあった場合、それらの単語を並び替えて検索をしても、結果に出てくるサイトの顔ぶれは変わりません。

しかし順序を変えると、キーワードの順序にマッチしたタイトルのサイトが上位に表示されやすいはずです。

実際に検索して確認してみてください。

ですので、「この検索ジャンルで上位を狙いたい」と考えるならば、重要視するべきキーワードが、文章の主語のごとくタイトルの先頭に来るべきなのです。

これらのテクニックをしっかりと考えても、タイトルの適正化を行うべきでしょう。







posted by 妄想SEOブログ at 01:22 | Comment(0)

2014年11月06日

SEOのキーワードは比率と出現率

キーワード比率と出現率で悩むことがあります。

ウェブ検索で調べると、『古い』『時代遅れ』『意味がない』などなどと良く目にします。

私個人としては、非常に重要だと考えています。

考えてみたら当たり前だからです。

ウェブページで、内容が1500字の文字で構成されているとします。

例えば、その1500字の全てが『あ』しか書いていなかったらどうでしょう。

まぁ、考えるまでもなく最低評価ですよね。

しかも、何の事についてのサイトなのかは分かりません。

では、『サーフィン』という文字が300回繰り返されているページだとどうでしょう。

『あ』よりはマシですが、こちらも低評価ですよね。もちろん、『あ』と比べると、1/5の繰り返し量ですが。

見た感じは「サーフィンのことについてのページ」というのは嫌でも伝わります。

次に、『サーフィンの手ほどき』という文字が150回分、繰り返されているとするならばどうでしょうか?

これも当然ダメです。10文字を繰り返しているだけです。ページ内容は分かりやすいですが。


さて、ではどうしたら適正化出来るのでしょうか?

ここで少しキーワード比率や出現率を意識して考えてみます。

単純です。10文字のキーワードならば、10×15(フレーズ)分の文字数を弾き出しましょう。150文字分ですよね。

ならば、3000文字分−150文字分を引いた95%分の文字数を導き出しましょう。

2850文字ですよね。

この数が大切です。

要するに、この文字分の内容が他の単語や言葉の羅列で構成されていなければ、キーワードの使用多過となるわけです。

これらの比率や出現率は、世の中の影響力のある文献や書物や論文から導き出された理想の割合と言われています。

あくまでも、妄想の範囲内ですが笑(数値などがという意味が)

このような理屈を真に受けると、割と納得できてしまう人も多いのではないでしょうか?

Googleは、自然に文章を創作していればそれで良いと公式に伝えています。

ですが、一般人が人に見られることを意識して日記などを書こうとすると、主語などが多く、重要テーマのキーワードを多用してしまうのです。

ですので、自然に書いたからといっても、やや比率出現率が少なかったり多かったりする為に、順位評価が低い扱いになるのです。

検索エンジンからすると、「何の事についての説明したいのか分からない」と判断されてしまうか、もしくは「気持ちは理解できるがSEO的には使い過ぎ」と評価されてしまうのです。


そこで、これらの理想の平均値として良く巷で聞かれる割合が、5%前後といわれています。

より自然な使用量でありながら目的テーマの伝わりやすい数、これがSEO的なテクニックとして様々な伝わり方をしているのでしょう。

検索エンジンへの適正化というよりは、ユーザーに伝わりやすい文章の構成バランスということなのかもしれません。

ユーザビリティ?と疑問に思うでしょうが、昨今は、これらユーザビリティの良さが好評価に繋がっているようです。


ですが、世の中の対策キーワードは大概が複合です。検索クリエ自体が、何らかの言葉の組み合わせなのですよね。

さらに、ここから頭をひねることが『キーワードの比率や出現率』に影響するのです。












posted by 妄想SEOブログ at 23:35 | Comment(0)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。