2014年10月29日

たまには放置が大事かも!?

さて、今回はSEO対策としては真逆的なことを言います。

ある程度完成しているサイトがあったとします。

更新頻度も多いいサイトがあるとします。

実はウェブサイトの更新を止めて、適度に放置した方が良い場合があります。

なぜならば、放置されなければ既存ページがクロールされる確率が下がるからです。

新しいページばかりにクロールが誘導されてしまうと、古いページの力がサイト全体に巡りません。

ということで、有る程度のサイトの形が出来上がったら、
ほんの少し手を休めて適度なペースでサイトを作っていきましょう。

そうすることで、サイト全体の状態は良い方向に行くはずです。

基本的に放置はされるものですが、放置していない場合に限っては少し間をおいて見てください!

古い下層ページに変化がない場合は放置しても良いでしょう。

しかし、古いページに新たな内部リンク要素を加えると、変化を認識させることは非常に難しいです。

下層ページに変化がない場合は、更新を続けましょう。

下層ページを含め、全ページに影響のあるようなSEO対策をしているならば、様子を見ましょう。

内部リンクを意識した、サイト全体のリフレッシュも大切です。


タグ:SEO
posted by 妄想SEOブログ at 23:31 | Comment(0)

サイトマップを設置しよう!

ホームページやブログがある程度完成してきたら、サイトマップを設置しましょう。

ホームページ場合は、sitemap.xmlというファイルに記述して、
サーバー上にファイル設置しておきます。※詳しくはお調べください。

ブログの場合は、各ブログサイトによって自動的に作成されます。
ほぼ常備されているので、ブログサービスごとに確認しましょう。

サイトマップが準備できたら、検索エンジンにこれを伝えなければなりません。

※sitemap.xmlであれば設置のみで問題ないでしょう。

上記以外のファイル名になる場合は、ウェブマスターツールを使ってる情報を送信しなければなりません。

ウェブマスターツールの『サイトマップ』の項目からファイル名を入力して送信するだけです。

サイトマップの目的は、ウェブサイトが所有している全てのURLを伝える為です。

これにより、検索エンジンはサイト上の全てのページをクロールしてくれます。
※正確には、誘導し手助けができます。

これによりインデックスされる機会も誘発させられるので、
結果的に順位上昇の機会を得やすいはずです。

sitemap.xmlを設置する利点は、内部リンクの適正化を計る為です。

内部リンクをしっかり組んだサイトほど、1つのページの役割は大きく、
正しく読み込みをさせなければならないのです。

1つのページが読み込まれないだけでサイトの評価が下がることは多々あります。

テーブル机で考えると、1つの天板と4本の足がありますよね。
4つの足が、4つのページである場合、1つでも欠けると倒れませんか?

1つのページを如何にしっかり読み込ませ認識させるかが重要になってきます。
タグ:SEO
posted by 妄想SEOブログ at 22:44 | Comment(0)

ブログは項目を分けよう!

ホームページやブログのインデックスを増やす場合には、項目別ページを作ることが有効です。

※インデックスとは、Google検索エンジンに認識され検索に該当するページのこと。

項目ページはジャンル別の目次のとなるページです。つまり新しいことは一切書きません。

ページを紹介するだけで、「新しいことを書かないのならば、意味はないのでは?」と考えてしまいますよね。

そうです。ただ項目別にページをまとめるだけで良いのです。ブログではお馴染みです。

内容は他のページのコピーに過ぎませんが、実はこれがインデックスされてしまうのです。

何故か?ここについてはあまりよく分かりません。

おそらくは『ユーザビリティにかなったコンテンツ』として評価されているのかもしれません。

これにより、単体ページ分だけのインデックスよりも、

量増ししてサイトの規模を大きく見せることができるのです。

そのSEO効果としは、10%ほどの順位上昇を見込めるでしょう。

只々、5ページを一つのページとしてまとめるだけであったとしても、

実は検索エンジンには優しい構成なのかもしれません。

クロールを意識したサイトの構成は大事であると言えるでしょう。


5ページをまとめたページがある場合、まとめたページは1つのページとしてインデックスされます。

つまり、5ページで「+1ページ」であり、1.2倍の効果があります。

10ページで、+2ページです。

100ページで、+20ページです。この時点でSEO的には非常に有利です。

このような自然な構成でのテクニックは多用しましょう。


また、5ページの個々のページがそれぞれインデックスされなかった場合、

5ページ分を1ページとして、1インデックスされれば、1/5の評価が残ることとなり、

労力のマイナスコストを、-80%まで抑えることが出来ます。


この様に、少し頭を使うだけで非常に効果的にサイト規模を大きく出来るのです。
タグ:SEO ブログ
posted by 妄想SEOブログ at 22:33 | Comment(0)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。